デリヘル嬢の求人について - 風俗店の独立開業をデリヘルフランチャイズで失敗しない為に

デリヘル嬢の求人について

デリヘル嬢の求人について

デリヘルで風俗店を初めて開業する方は必見です!

最近は脱サラして風俗業界に参入される方が増えています


そこで、抑えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

風俗店の中でもデリバリーヘルス(派遣型風俗店)の求人は本当に大変です。

それが、東京都内であろうと、ド田舎であろうと変わりません。

1番の理由は参入障壁が低くライバル店が多く、それぞれ独自に求人の条件を上げてきているのです。

まして、新規なお店はお客さまを呼ぶ力が無い事をデリヘル嬢も知ってますから、なおさら集まりません。

名もない新店舗では、1日の待機保証(儲けがゼロでも女の子には保証金を払うこと)最低25000円とかの補償を払わないと、良い子は集まらないですし、すぐ退店します。

デリヘル嬢を集めるのに求人広告では集まらなければ、

違法なスカウト通して女の子を集めるお店が大半です、

その場合、スカウト料とし、1件当たり15%をスカウトに払います。

その上、保証で一日あたり数万円の補償を付けないと長続きしないです。
まして、出稼ぎを集めて対応しすぎると、雑な対応をされて、客離れするだけですから地元採用の嬢が定着して本指名をとるまで半年は赤字を垂れ流すだけです。

そうなると、最初の1年は自分の収入が無い状態を覚悟じゃないと軌道に乗せるのは厳しいです。

簡単に言いましたが、これが現状なのです。


最近は、大手と言われているお店はほぼ、スカウト会社を使いデリヘル嬢を集めていました。
そもそも、地元の子が顔出し、目出しでは働きませんよ。まして、美人など奇跡です。そんな子が多数在籍していた有名店は現在は大変な事になっています。

そもそも、お客を呼べる看板娘はスカウト会社が連れてきた子です。そのスカウト会社が警察に今ドンドン摘発されていますから当然その子は辞めるか、逃げてます。

スカウトを使うお店はそもそも「女の子を集める技術」が無いのです。それにこれは違法ですから業務停止で済む問題ではないのですが、こういう経営はいずれ破綻しますし、もう今崩壊してます。

あなたの住んでいる地域でもここ最近出勤が少なくなっている有名店は危険水域になってますよ。調べてみてください。

女の子が集まるような仕掛けを完成させる努力をせずに、お金をばら撒いてた結果ですね。

「KOAKUMAグループ」はスカウトなど使った事は一切ありません。
そもそも、必要ないですから。


さらに、女の子に保証など付けません。詳しくは書けませんが。それでも「KOAKUMAグループ」全店大きくなっています。



女の子が増えたら内勤スタッフを増やそう!



どのような業界でもオーナーの右腕となる人材が必要です。

いつまでも自分で何でもしていたらお店は大きくなりませんし病気にもなれません。まして、せっかく手に入れたお金を使う暇さえもてません。


デリヘルで独立開業して成功さす手段として多店舗展開がありますが、やはり右腕となる人材が必要です。

世間一般論ですが、仲の良い友人との共同経営はおすすめいたしません。

上下関係を明確にできるなら良いですが、利益が増大するにつれて関係が悪化することが多く「KOAKUMAグループ」としてもそのような方の参加はお断りしております。

「KOAKUMAグループ」は現在デリヘル業界で最も勢いがあると言われています。ありがたい事です。

名前が先行していきますと不思議と優秀な人材が集まって来ています。フランチャイズ店も例外でなく優秀な人材が来ていますので内勤スタッフの募集では他店より有利と思われます。

もちろん女の子もそうだと思います。求人募集を広告媒体に出してもお店のオフィシャルサイトを見に来たら昔ながらのホームページでしかも、1店舗しか無いお店は儲かって無いと勘違い?されますから当然敬遠されて求人の問合せすらないでしょう。

フランチャイズのメリット・デメリット色々あるでしょうが、最大のメリットは求人の応募で女の子が集まりやすい事、そのスケールメリットを使えることです。

それだけで、地域のライバル店より頭1つ上で勝負できるのです。



現在、デリヘル店を運営されてるオーナー様

「KOAKUMAグループ」は大きく分けて人妻と熟女店の2つがあります。

今回の募集はまずは、熟女店のフランチャイズに参加していただきます。理由はノウハウでもありますのでWEBで公開することはできませんが「こあくまな熟女たち」をまず運営していただきます。

よくある質問として、「熟女店」は儲からない、失敗するのでは? 需要が無いのでは? 激安店があるけど「こあくまな熟女たち」の料金体系では無理なのでは?

と良く言われます。

結論から言いまして、需要はかなりあります。激安店など関係ないです、その店の料金に合わせる必要はありません。
しかも、店落ちはすごくいいです♪

事実「KOAKUMAグループ」は拡大しています


たとえば、広島は地方都市ですが激戦区です。しかも熟女店でおそらく日本1のグループ店の本社があります。正直、アウエー感マックスですし、市場もそのグループ店が独占状態でした。

現在はKOAKUMAグループの方が集客しています。


よく、熟女店が儲かるのではと気が付いて真似しますが、上手くいきません。

当たり前です、外から見ても分かるはずありません。


ノウハウは「KOAKUMAグループ」独自で作り上げたものだからです。


独占された市場に後発で乗り込んで市場を奪うのはそんなに簡単ではないです。

しかしながら、「KOAKUMAグループ」を全国展開するには広島で結果を出すことが最善と判断してあえて実行したのです。






つづき>>風俗デリヘル店開業、これからの生き残り方




フランチャイズ加盟金・インセンティブ体系について